• スポーツ施設

ウイルス対策に、紫外線は心強い戦力

横浜スタジアム様

  • 使用した製品
  • Care222® i シリーズ

選手とスタッフが一丸となって闘い抜くために

オープン戦の中止に始まり、開幕の遅れとシーズン短縮、無観客開催、変則日程とコロナ禍に翻弄された2020年シーズンのプロ野球。今シーズンも延長戦なしの特別ルールが導入され、前代未聞のペナントレースが展開されています。三浦大輔新監督のもと、連日奮闘を見せている横浜DeNAベイスターズでは、ウイルス対策の切り札としてCare222® iシリーズを導入。かつては選手としてもプレーし、現在は1軍運営グループのグループリーダーとしてチームを支える、西崎伸洋さんに話を聞きました。

お客様のご要望・課題

  • 選手が集うロッカールームを、クリーンな場所にしたい
  • 選手たちがコミュニケーションを取り、試合に集中できる環境を作りたい

“いち早くプロジェクトチームをつくり、ウイルス対策をマニュアル化”

  • お話を伺った人

株式会社横浜DeNAベイスターズ
チーム統括本部 チーム運営部
一軍運営グループ グループリーダー 西崎 伸洋様

※撮影時のみマスクを外しました。

Q

注目度の高いプロ野球ですが、ウィズコロナの初期段階ではどのような状況だったのですか?

(西崎様)コロナに関する報道が本格的に出はじめたのは、昨年、沖縄県宜野湾での春季キャンプが始まった2月ですね。例年ですとその時期はインフルエンザ対策に最も気を使うのですが、実は、チームが沖縄入りしたときに、ダイヤモンドプリンセス号が沖縄に帰港中だったんです。そのときはまさかここまでの騒ぎになるとは思いませんでしたが、球団代表たちと、今後はインフルエンザ以外のウイルス対策も必要になるのではと話し、早い段階でウイルス対策のプロジェクトチームを作りました。

Q

具体的にどのような対策を取られたのでしょうか?

(西崎様)まず始めたのが外出禁止。マスク着用、アルコール消毒、ソーシャルディスタンス、密集する場所へは行かないという定義を決めました。次に遠征の際の移動、ベイスターズはこれまで各自で移動していましたが、新幹線1両を貸切にし、バスも2台使っていたものを3台に増やしてソーシャルディスタンスを保ち、ホテルも全て消毒していただき、清掃の方とも一切触れ合わないようにするなど、とにかく外部の方との接触を避けるようにしました。その上で1ヵ月に1回のPCR検査を行い、チームを安全な集団として維持しています。
選手の協力姿勢は必須ですから、こちらでもホテルに図書室を設置したりWi-Fiを強化したり、特別料理やドリンクの飲み放題など、ホテルでの生活を充実する工夫をしました。こっちも精一杯やるから、ついてきてほしいと意思疎通を図る姿勢が大切だと思います。

“クリーンなロッカールームを保つため、Care222®を導入”

Q

対策の中で最も注意されたのはどんな場所でしょうか?

(西崎様)ロッカールームですね。
そもそもロッカールームは扉が2枚しかなく、換気をしようにも風通しがとても悪いのです。また、チーム内からはエビデンスがしっかりあるものを、という声がありました。そういった中で球団の事業部側からCare222®を紹介され、機器の説明を受けたときに自分でも納得し、ぜひつけていただきたいとお願いし、設置につながりました。
ロッカールームはチームにとって最も重要なコミュニケーションの場です。ナイターの場合、午前11時に球場入りし、午後2時から練習、午後6時前後からが試合。試合終了後も各自で試合を振り返り、中には残って練習をする選手もいますから、1日4〜5時間をロッカールームで過ごします。選手たちにはコミュニケーションをとり、試合に集中してほしいという思いがありました。

Q

選手にはCare222®についての説明はされましたか?またその反応はどうだったでしょうか?

(西崎様)紫外線を活用した製品だと、しっかり説明しました。選手たちは敏感で、ロッカールームに見慣れないものがあると、安心できないものです。選手たちは、仕組みを聞いて納得していました。iシリーズの設置を通じて、球団が選手のことをきちんと考え、常に新しい対策を講じていることも感じてもらえたようです。

Q

紫外線に対し不安を訴える選手はいませんでしたか?

(西崎様)そういった声はありませんでしたね。

Q

設置方法と、実際の運用効果はどのようなものですか?

(西崎様)天井に設置し、ロッカールーム全体に照射しています。 その中でも、特に選手たちが頻繁に使うソファー周辺は十分に照射できるように配置してもらいました。運用については基本的に私が行っています。試合や練習でスタジアムを利用する日は私がスタジアムに入った後、機器のスイッチを入れています。その後は各種ガイドラインを元に設定頂いた自動運転に任せており、あとは帰り際にスイッチを消すだけですので、管理コストも少なく助かっています。

Q

今後、導入を拡大するお考えはありますか?

(西崎様)大いにあります。特にミーティング室ですね。さまざまな関係者が使用する場所でもありますから、各部屋に設置し、ミーティングができればと思います。また、監督・コーチ室やファーム施設への導入も考えています。

Q

今後ウシオ電機やCare222®に期待することは?

(西崎様)遠征時にも持ち運びできるタイプがあると良いですね。ワイヤレスでどこにでも置けて、手軽に使えるCare222®があれば、とても便利だと思います。

ーありがとうございました

このサイトは、当社が取扱っている製品に関する情報を、医療従事者の方へ提供することを目的として作成しています。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

医療従事者の方ですか?

製品に関するお問い合わせ、
資料請求などはこちら

お問い合わせ

TOPに戻る