Clean172™
オゾン生成用
UV光源モジュール

ウシオの光浄化技術「Clean172™」のコアとなる新たな紫外線式オゾン生成デバイスです。紫外線式の良さを持ったまま、放電式同等のオゾン生成量が得られます。

利用シーン

OUT

装置の外で効果を出す

IN

装置の中で効果を出す

特長

光浄化技術「Clean172™」のコアとなるUV光源

Clean172™とは、172nmによって豊富に生成される活性酸素種により、空気中のガス状有機物質を強力に酸化し、分解する技術です。吸着除去が困難なガス状有機物質にも適用できます。

この172nmを取り出すのに優れた光源が、Clean172™ オゾン生成用UV光源です。

放電式同等のオゾン生成量

従来の紫外線式(代表的な光源:低圧水銀ランプ)では、オゾン生成波長である185nmと同時に、オゾン分解波長である254nmも放射しています。一方、Clean172 オゾン生成用UV光源は、185nmと比べ、極めてオゾン生成に有効な波長である172nmのみを放射する為、高いオゾン発生効率(オゾン発生量/消費電力)を実現します。

そのため、よりコンパクトなサイズのランプで、お客様が求めるオゾン生成量を得られるため、装置の小型化につながります。

NOxフリー

172nmは、極めてオゾン生成に有効なだけでなく、NOx(窒素酸化物)を発生させない(NOxフリー)という紫外線式の特長を持ち合わせています。172nmは、空気中の窒素(N2)に吸収されず、その結合を切らないため、放電式とは異なり、そもそもNOxを発生させるメカニズムが介在しません。

NOxが存在しないため、水蒸気との反応により硝酸が生成されず、腐食が加速される心配がありません。

  • 横スクロールでご覧ください
材質 Clean172™ 沿面放電式
鉄鋼

赤さびの発生あり

赤さびの発生と進行

SUS304

変化なし

白色汚れの発生あり

真鍮

金属光沢が失われ変色が発生あり

緑青が拡がる

リン青銅

金属光沢が失われ変色が発生あり

緑青が拡がる

ABS

変化なし

黄色に変色

ポリスチレン

変化なし

白濁の発生と黄色に変色

【試験条件】
ボックス内に試験片、オゾン発生源、加湿用水入りシャーレを投入して連続運転させ、所定CT積ごとに取り出して撮影。
Clean172™、沿面放電式共に、大気環境での試験であり、PSAは利用しておりません。

水銀フリー

従来の紫外線式(代表的な光源:低圧水銀灯)は、オゾン生成に有効な波長(185nm)を取り出すために水銀が使用されていますが、 Clean172 オゾン生成用UV光源は、水銀を使用せず、よりオゾン生成に有効な波長を取り出すことができます。

水銀を使用しないため、環境負荷の低減に貢献できるだけでなく、水銀を使用したUV光源と比べ、環境温度の影響を受けにくく、ON・OFFの点灯性も格段にUPします。

製品仕様

  • 丸管タイプ
  • 扁平管タイプ
  • 横スクロールでご覧ください
丸管タイプ 扁平管タイプ
オゾン発生量(mg/h)
*参考値
1,000 700
サイズ(mm) Φ16×185(L)
*ケーブル長さ195
20(W)×145(L)
*ケーブル長さ170
重量(g) 150 100
消費電力(W) 30 12
点灯電圧(V) DC24 DC24
適合インバーター
*サイズ(mm)
セット提供
*サイズ:40(W)×135(L)×25(H)
セット提供
*サイズ:30(W)×90(L)×19(H)
  • ・仕様および外観は、改良のため予告なく変更されることがあります。

製品に関するお問い合わせ、
資料請求などはこちら

お問い合わせ

TOPに戻る