FAQ(よくあるご質問)

Care222® iシリーズ

製品・使い方

A

高さ2.5mの位置に設置した場合、おおよそ3.6㎡の広さを照射します。

A

対象物やUV強度と距離により異なります。詳細はコチラをご参照下さい。

A

ウイルスや細菌の付着が疑われる空間や環境表面(建材や器具、衣服などに)に直接照射してウイルス抑制・除菌を行います。ただし、材質、表面の状態によって効果は異なります。

A

●人が一日に浴びてもよい222nm 紫外線の許容限界値(TLV)はACGIH(アメリカ合衆国産業衛生専門官会議)およびJIS Z 8812(有害紫外線放射の測定方法)により22mJ/cm2 以下(1 日当たり8 時間以内)となっています。Care222® を使用する際は、この許容値内となるよう設置・運用します。
●他の照明器具と同様に、近距離での直視は避けてください。(目に違和感が起きる可能性があります)
●光過敏を有する方、妊娠されている方等、日頃の紫外線対策と同様の対応をお願いします。

A

メンテンナンスは不要ですが、ランプの交換は必要になります。ランプの公称寿命は3000時間です。

A

基本的には弊社指定の業者が装置の取り付け(※1)を致します。事前にご連絡をさせて頂き、お客様の現場状況を確認しながら適切な設置箇所(※2)、設置台数を提案させて頂きます。
詳細はウシオまでお問い合わせください。
※1…設置は固定式です。
※2…設置は屋内のみです。

技術・原理

A

基本的に全ての菌/ウイルスに対して除菌できます。ただし、カビ等の大きな細胞組織を持つ対象物は、除菌に時間を有する、もしくは除菌出来ない場合もあります。

A

波長222nmの紫外線を用いることで、ウイルスや細菌は、DNA/RNA構造が破壊され、抑制・除菌されます。非加熱・非接触・ノンケミカルな除菌が可能になります。

A

広島大学での照射実験において、新型コロナウイルスへの効果が確認されました。詳しくはコチラをご覧下さい。

A

樹脂製品などは紫外線により劣化する恐れがあります。

その他

A

Care222®の製品は弊社代理店を通して販売をさせて頂きます。詳細はウシオまでお問い合わせください。 現在は国内販売に限定しております。個人様向けの販売はしておりません。

XEFIRIAについて

製品・使い方

A

脱臭直後の空間内はオゾン濃度が高いため、入室は控えて下さい。目安としては、脱臭時に設定された時間と同時間経過してから入室するようにして下さい。

A

空間のタバコ、ゴミ、排水口などの生活臭や食品臭に加え、香水のニオイをとることができます。 なお、壁・床・天井に染みついたニオイは、繰り返しご使用いただくことで改善が期待できます。

技術・原理

A

XEFIRIAは人、動物、植物がいるところでは使えません。オゾン生成量が多いため、無人環境でご使用ください。

A

材料によりオゾンの影響がでる場合があります。特に天然ゴムやニトリルゴム素材の製品は影響を受けやすいです。

A

オゾンでの不活化効果は立証されており、XEFIRIAでそのオゾン条件を再現することが可能です。

A

オゾンなどの活性酸素種による酸化反応により、脱臭・除菌が可能になります。

その他

A

ご購入の際は弊社販売代理店をご紹介させていただきます。

A

貸し出し期間は約2週間で受付しております。詳細はウシオにお問い合わせください。

A

定期的な吸気口フィルタの清掃をお願いします。またランプモジュールは1000時間(推奨)での交換が必要となります。

製品に関するお問い合わせ、
資料請求などはこちら

お問い合わせ

TOPに戻る