殺菌

Care222™とは?

Care222™は、人や動物の皮膚や目に安全でありながら、紫外線本来の殺菌、ウイルスの不活化能力を保持した新しい殺菌用光源です(※)。

天井など高い位置に光源を設置し、環境全体を照射。空間や環境表面における様々なウイルスや菌を不活化、除菌します。当社は光源および電源を組み合わせたモジュール製品をご提供いたします。 Care222の最大の特徴は、常時使用可能であるということです。従来の紫外線光源とは異なり、有人環境でも、空気と環境表面を継続的に除菌することをコンセプトとしています。

※エキシマランプ(水銀を含有しないエキシマ発光による紫外線ランプで、ウシオは222nmを主波長とする単色紫外線光源を使用)と特殊な光学バンドパスフィルタを組み合わせ、人に優しい紫外線波長域(200nm-230nm)のみを照射します。なお、本技術は米国コロンビア大学(所在地 : 米国ニューヨーク市)にて2012年に特許化され、ウシオは全世界における独占実施権を有しております。

主な使用シーン

※画像はイメージです

  • 待合室
  • トイレ
  • 食品加工場
  • 公共施設・乗り物

紫外線の特長

<紫外線共通の特長>
1.ノロウィルスや芽胞菌(C. difficile等)等アルコールや薬剤が効き難い菌の殺菌も可能
2.耐性菌を作らない
3.非接触・ノンケミカルであり、簡便な殺菌が可能

<従来の殺菌用途紫外線にはない222nmの特長>
1.人の皮膚や目に悪影響を及ぼさない紫外線波長であり使用場所を選ばない
2.水銀不使用(環境負荷低減)
 a.瞬時点灯/消灯が可能
 b.点灯雰囲気温度に紫外線照度強度が左右されない
3.芽胞菌に対して高い殺菌効果を有する